表紙にお絵描きイラスト募集

グランプリは 東京都の柴崎 結愛さんに決定!!

2018年8月22日、神楽坂にて、「表紙にお絵描き」デザインコンペの審査会が行われ、大賞グランプリに東京都の柴﨑 結愛さんの作品が選ばれました。

また協賛各商店等による各賞が決定されました。グランプリ大賞の作品は制作チームの手でパンフレットの表紙になります。また、グランプリ大賞者にはアグネスホテル東京宿泊招待券、各賞には各商店から賞品が、後日郵送されます。しばらくお待ちくださいませ。
今年のコンペにも全国各地から多数の応募をいただきました。ご参加いただいた皆様に、改めてお礼申し上げます。ありがとうございました。




審査委員は、U.G.サトー(グラフィックデザイナー)委員長、そしてまち飛びフェスタ実行委員会の日置圭子委員長、おかめ家ゆうこ委員(デザイナー)の面々で行いました。

<U.G.サトー氏のコメント>
今回応募の全71点は、神楽坂のイメージを一新するような質の高い作品が多く個性的であった。年々と盛り上がるこの審査会は楽しみの一つになった。
グランプリ大賞作品は、女性の艶やかさを感じされるものがあった。おこぼ(ぽっくり下駄)で坂を上るイメージは、全体像や顔の表情は見えないが、どことなく気品があり、「新たな神楽坂へ進む」という感じが今回の決め手となった。

受賞作品一覧はこちらをご覧下さい。