神楽坂まち飛びフェスタとは?

2019年まち飛びフェスタ開催終了しました!!
ご来場の皆様、ありがとうございました!!

閉会のご挨拶こちら

神楽坂の秋の文化祭的イベントです。

1999年に、まち全体をアートスペースとした「まちに飛びだした美術館」を原点とし、翌年にはこれに神楽坂ゆかりの伝統芸能など様々なイベントを加えた「第1回神楽坂まち飛びフェスタ」として発展・継承されました。毎年回を重ねて2019年で21年目を迎えました。

毎年11月3日を最終日とし、10月中旬から2〜3週間の期間で開催しております。
2019年は10/12(土)〜11/3(日祝)に開催いたしました。

期間中は茶道、能、箏曲、小唄などの伝統芸能をはじめ、ダンス、音楽、アート展示、体験・催事など約60〜70のイベントが神楽坂のどこかで開催されています。

11/3の最終日はフェスタのハイライト「坂にお絵描き」。神楽坂通りの坂上から坂下まで全長700mにロール紙を敷き、道行く人々に自由にお絵描きできる、老若男女に楽しめるイベントとなっております。

2019年公式パンフレット

表紙デザインは「表紙にお絵描き」コンペで大賞を受賞した東京都の礒田楓さんの素敵な作品です。
詳細はこちら
↓クリックでダウンロード可

各種ご案内

実行委員会主催イベント


お問い合わせ

「神楽坂まち飛びフェスタ」に関する各種お問い合わせはメールにて、info@machitobi.org までお願いします。

私達の仲間になってくれる実行委員も随時募集中。

1年を通じてイベント企画・運営に参加して、一緒に神楽坂を盛り上げませんか。
ご参加お待ちしております。